【使い方】ChatGPTを日本語対応に設定する方法について徹底解説 | マネルト

※ 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

【使い方】ChatGPTを日本語対応に設定する方法について徹底解説

この記事は約7分で読めます。
この記事を要約すると・・・

Locale (Alpha)Custom instructions(カスタム指示)Google翻訳の3つを設定することにより、ほぼ日本語対応にできる
Web版ChatGPTはほぼ日本語に翻訳することが可能
iPhone・Androidといったスマホアプリ版ChatGPTは、一部日本語化に未対応の状況

「ChatGPTの表示言語が全部英語で読めない…」
「ChatGPTを日本語に設定したい…」

そんな方に向けて、この記事では「ChatGPTを日本語化する方法」について解説します。

外国産の製品ということで英語表記のイメージが強いChatGPTですが、実は日本語でも使用することが可能です。

日本語化することで、ChatGPTを扱いやすくなったりGPT-4がなんて言っているのかを理解できるようになったりするので、ChatGPTを利用する前に必ず設定しておきましょう。

ChatGPTを日本語対応に設定する方法3選

ChatGPTを日本語化させる方法は、以下の3つです。

  1. Locale (Alpha)を日本に設定する
  2. Custom instructions(カスタム指示)を設定する
  3. Google翻訳を使用する

基本的には、1番と2番を設定すれば「ほぼ日本語化」できます。

しかしカバーしきれない範囲があるので、Google翻訳を加えるとなお良いでしょう。

①Locale (Alpha)を日本に設定する

ChatGPTを日本語対応に設定する方法の1つ目は「Locale (Alpha)を日本に設定すること」です。

この方法では、ChatGPTの画面内に表示される言語がほぼ全て日本語になります。
※完全に日本語対応するわけではありません

まずはChatGPTの画面を開いて、左下の「アカウント名」をクリックします。

すると、複数の項目が表示されるので「Settings & Beta」を選びます。

あとは「Locale (Alpha)」を『ja-JP』に変更するだけです。

これで、ChatGPT内の英語が、ほぼ全て日本語に変わります。

▶︎日本語対応に設定した後のChatGPT。チャット欄付近の言葉がほとんど日本語になっている

▶︎ChatGPTの設定画面も全て日本語化

▶︎MyGPTsストアの画面。こちらはほぼ全て日本語未対応…。

上記の画像はGPTストア内のものですが、こちらは日本語化に対応されないようです。

他にも、プラグインの機能を説明する概要欄も日本語化されません。

②Custom instructions(カスタム指示)を設定する

ChatGPTを日本語対応に設定する方法の2つ目は「Custom instructions(カスタム指示)を設定すること」です。

こちらの方法では、ChatGPTやDALL-E3とやりとりをする際の返答がすべて日本語化される方法になります。

先ほどと同様にアカウント名をクリックした後、「Custom instructions(カスタム指示)」を選択します。

すると、

  • ChatGPTにあなたについて何を知らせれば、より良い応答を提供できると思いますか?
  • ChatGPTにどのように応答してほしいですか?

上記2点について質問されるので、後者の入力欄に「日本語で返答して」と書き込みます。

これで、ChatGPTが応答に使用する言語が日本語になります。

なえむ
なえむ

カスタム指示は、あなたの情報やお願いを事前に登録しておける機能だよっ! 複数のチャットで何度も同じプロンプトを入力する手間が省けるし、一貫した応答を得られるようになるから活用することをおすすめするよ〜♪

③Google翻訳を使用する

ChatGPTを日本語対応に設定する方法の3つ目は「Google翻訳を使用すること」です。

この方法では、ChatGPT内の言語をすべて日本語に翻訳させることができます。

まずは、ブラウザのGoogle Chromeをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、Google Chromeブラウザに翻訳機能を追加していきます。

chromeウェブストアからGoogle翻訳をダウンロードしましょう。

あとは、英語といった外国語が表示されているページ上で、画面右上の翻訳マークから日本語に変換するだけです。

翻訳マークが出てこない場合は、画面右上の「・・・」マークをクリックしましょう。

すると、下の方に『翻訳』の項目がでてきます。

▶︎Locale (Alpha)では対応しきれなかった「MyGPTsストア」の画面もご覧の通りすべて日本語に

Google翻訳を使えば、画面上にうつる全ての外国語を日本語に変換することが可能です。

「Google翻訳だけで全て日本語化できるなら、他の設定をわざわざ変更しなくてもいいんじゃ…」と思われるかもしれませんが、実はGoogle翻訳には大きな欠点があります。

それは、ChatGPTが正常に動作しなくなることです。

例えば、Google翻訳をONにした状態で「日本企業の時価総額ランキングTOP5を表形式で作成して。」とプロンプトを入力します。

一見、違和感のないように思えますが、時価総額の列を見ると、なんとトヨタ自動車以外は空白になっているのです。

一方、Google翻訳をOFFの状態にした結果が上図です。

ご覧の通り、表は完成されています。

しかし、これはほんの序の口であり、氷山の一角に過ぎません。

次に、Google翻訳をONにした状態でプラグインを使用してみます。

「起業するまでにやるべき内容をフローチャートで表して下さい」とプロンプトを入力し、エンターキーを押すと…

なんと、エラーが発生しました。

先ほどは不完全ながらもなんとか生成してくれましたが、今回は応答すらありません。

何度やり直しても結果は同じく、エラーです。

このようにChatGPTが正常に機能しなくなり、業務進行に支障をきたす恐れがあるため、マネルトではGoogle翻訳の常時利用を推奨していません。

ただし、エラーが発生するのは一貫して「Google翻訳をON +ChatGPT内で特定のアクションを起こす時」なので、ChatGPTで何ら操作をしないのであれば問題ないです。

ですので、Google翻訳の活躍シーンは、「Locale (Alpha)で対応しきれない箇所のカバー」になります。

例えば、こちらは全世界のユーザーが制作したオリジナルChatGPTを検索できる「GPTストア」ですが、どのGPTsも英語で表記されています。

そのため、私たち日本人からすると「活用できるGPTsを探したいのに、何て書いてあるのか分からない…」という問題に直面します。

そんな時に重宝するのがGoogle翻訳で、テキストが全て日本語化されるので簡単にお目当てのGPTsを見つけることが可能です。

不自然な日本語ではあるものの、英語で全く読めないのと、なんとなく意味が分かるのとでは全然違うので、かなり助かりますね。

皆さんも、適宜使用してみて下さい。

スマホアプリ版ChatGPTを日本語対応にする方法

2024年1月時点では、iPhone・Android共に、スマホアプリ版ChatGPTを完全に日本語対応にすることはできません。

具体的には、Locale (Alpha)の設定ができず、Custom instructions(カスタム指示)は可能です。

スマホのWeb版であれば、本記事で解説した内容通りに設定できます。

まとめ

本記事では、ChatGPTの日本語化について3つの方法を解説してきました。

結論をお伝えすると、Locale (Alpha)、Custom instructions(カスタム指示)、Google翻訳のいずれも設定した方が良いです。

  • <Locale (Alpha)>
    ▶︎ChatGPTに表示された英語をほぼ全て日本語化
  • <Custom instructions(カスタム指示)>
    ▶︎ChatGPTの応答を日本語化
  • <Google翻訳>
    ▶︎GPTストアやプラグインなどの英文を日本語化

それぞれ特定の場面で役に立つので、英文を少しでも避けたい方は設定してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました