複数の生成AIにプロンプトを一斉送信できるChatHubとは?料金や使い方について解説! | マネルト

※ 本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

複数の生成AIにプロンプトを一斉送信できるChatHubとは?料金や使い方について解説!

この記事は約5分で読めます。
この記事を要約すると・・・

ChatHub(チャットハブ)とは「複数の生成AIサービスを同時利用できるGoogle Chromeの拡張機能」のこと
生成AIは、ChatGPT、Bard、Bing、Claudeを含めた18種類を搭載
無料版は最大2体まで、35ドル(約5,200円)の有料版は「最大6体」まで同時利用が可能

「ChatGPTを利用しているけど、他の生成AIの回答も気になる…」
「一回のプロンプトで複数の生成AIを同時に作動させられる無料のサービスないかな…」

そんな方に向けて、この記事では「複数体の生成AIを同時に使用できる『ChatHub(チャットハブ)』」について解説します。

ChatHubを活用することにより、正しい情報の収集ができるのはもちろん、様々な視点の意見を一つの画面でチェックできるようになります。

生成結果を見比べることでハルシネーション対策にもつながり、仕事やプライベートで重宝するので、ぜひ触ってみてください。

ChatHubとは?

ChatHub(チャットハブ)とは「一度のプロンプト入力で複数の生成AIから回答を得られるChrome拡張機能のこと」です。

生成AIには、お馴染みのChatGPTやBard、Bing、Claudeを含む18種類が用意されており、これらの生成AIが生み出す回答を一度にチェックすることができます。

“最大6つの生成AI”に対して質問を投げかけられる、人類待望の画期的なサービスです。

複数のAIから回答をもらうことで、生成AIに起こりがちな「ハルシネーション」の対策につながります。

ハルシネーションとは、正しくない情報をあたかも事実のように出力する現象のことです。

ChatHubでは、少数派の回答を誤りと認定できるため間違った情報を鵜呑みにしづらくなります。

ChatHubの料金について(無料版と有料版の違い)

ChatHubは基本無料で利用できます。

ただし上記画像の通り、多くの機能に制限がかかってしまいます。

無料版では同時に2つの生成AIしか使うことができず、3つ以上の同時利用は不可能です。

有料版には「ライフタイムプラン(買い切り)」が用意されています。

1台のデバイスに永久ライセンスを付与したい場合の料金は「35ドル(約5,200円)」で、5台の場合の料金は「59ドル(8,700円)」です。

まずは無料版で使用感を確かめてみましょう。

なえむ
なえむ

無料版と有料版の最大の違いは「生成AIを同時に使用できる数」にあるよー!無料版は2つで、有料版は最大6つまで対応しているんだよ!他にも「画像共有&分析」や「カスタム生成AIの追加」、「Webブラウジング(最新情報検索)」など便利な機能が有料版には付いているからおすすめだねっ!

ChatHubの登録方法について

ChatHubは、利用するWebブラウザがGoogle Chromeでないと使用できません。

※ Webブラウザとはインターネット上のWebサイトを閲覧するために介すソフトウェアのこと。例えば、SafariやEdgeなど

そのため、まずはGoogle Chromeをインストールしましょう。

次に、ChatHubをインストールしていきます。

Google Chromeには、インストールした拡張機能を「タブ化(ショートカット化)」できる機能が設けられています。

ChatHubは便利がゆえに何度もアクセスすることになるので、事前に画面右上から設定しておきましょう。

▶︎画面右上からショートカットの設定が可能


▶︎ChatHubのピンマークを有効化することで、タブボタンの隣に表示されるようになる

これで、ChatHubへのアクセスが容易になりました。

ChatHubの使い方について

この項目では、ChatHubの使い方(設定方法)について解説します。

  • ChatHubで生成AIと会話する方法
  • 使用する生成AIを決める方法
  • 回答する生成AIの数を増やす方法

それでは順番に見ていきましょう。

ChatHubで生成AIと会話する方法

画面右下のチャット入力欄からプロンプトを入力できます。

プロンプトを送信すると、各々の生成AIが文章を生成します。

生成速度生成物のクオリティは、使用する生成AIによって異なります。

使用する生成AIを決める方法

画面右下の「設定」ボタンをクリックします。

あとは使用したい生成AIを有効化するだけです。

回答する生成AIの数を増やす方法

生成AIの数は画面下側の項目から増やせます。

2つ、3つ、4つ、6つの同時生成に対応しており、目的に応じて増減可能です。

様々な視点の情報を一度に得られたり、ブログ記事制作における著作権の対策にもなったりします。

また、ChatHubは「説明の最適化」にも役立つでしょう。

例えば、ChatHubとは何ですか?と質問した時に、複数の回答の中から最も適当な説明文だけを採用することができます。

文章というものは、言葉選びや表現、文の構成が少し変わるだけで読み手の理解度は大きく変わってきます。

そのため、エッセイやコラムの執筆で“微妙な言葉をより良い言葉に置き換えたい場合”なんかに重宝するでしょう。

なえむ
なえむ

ChatHubは「異なる視点から物事を分析したいとき」「推敲作業時」に役立つよ〜♪

タイトルとURLをコピーしました